初期臨床研修責任者よりメッセージこのページを印刷する - 初期臨床研修責任者よりメッセージ

副院長/プログラム責任者

目片 英治

医学生の皆さん、どんな医師を目指しておられますか?将来の医師像のイメージは膨らんでいますか?
初期研修の2年間は、大変重要です。決して近道はありません。実践的な医療を先輩医師から学ぶことが必要です。
東近江総合医療センターの医師数は50名程度と多くはないですが、皆さんが当院に来られれば、手厚く指導させていただきます。何故なら、全ての医師が医大の総合外科・総合内科学講座のスタッフであり、教育することが当たり前、教えることが好きなスタッフが集まっているからです。
研修先を選択するにあたり重要なのは、学年の近い身近な先輩がいる事、更に後期研修医や専門医を目指すアクティビティの高い医師が揃っている事です。所謂、屋根瓦式教育です。この点からも、当院は研修するに相応しい施設と言えます。
実際の担当症例では、上級医とディスカッションしながら診療に関わってもらいます。種々の初期対応に関して救急科で学び、大切な症例については、専門的な治療に参加することができます。外科研修では、週4日の手術に参加し、術者として中心静脈カテーテルの留置やCVポートの留置等を経験して頂きます。皆さん、積極的にチャレンジしましょう。

     

内科診療部長/臨床研修指導医

杉本 俊郎

我々と供に、汗をかく仲間を募集します。
東近江医療センターの初期研修は、地域中核病院における研修を、当院の指導医のみならず、滋賀医科大学総合内科学講座(https://www.shiga-med.ac.jp/~hqcomint/)・外科学講座(https://www.shiga-med.ac.jp/~hqcomsur/)の教官が出向して、常時指導にあたるというユニークなシステムを採用しているのが特徴です。
今後、高齢化がすすむ超高齢社会の我国において、常に総合的な視野を持って診療を行う医師の育成が望まれています。当院でおける初期研修は、その要望に100%応じることが出来る研修であると自負しております。

     

循環器内科部長/副プログラム責任者

大西 正人

初期研修の2年間は医師にとり、何十年にもわたる医師人生の基礎を作る、大切な2年間です。今後専攻する診療科以外の知識や手技は、この2年間で完結するといっても過言ではありません。また、この2年間での研修で出会った指導者と仲間は、かけがえのない財産になるはずです。この2年間を東近江総合医療センターで一緒に研鑽してみませんか?
当院の初期研修で特筆すべきは内科系全てと救急科の専門医が毎朝集まるカンファレンスです。全ての医師が知っておくべき重要な疾患、病態や薬剤の副作用の情報を共有することで、common disease診療の均てん化とレベルアップに役立っています。教授からの厳しい質問でカンファレンスに緊張感が漂うと、「心カテはしんかてええ」、「挿管はそう簡単やない」など、駄洒落を飛ばして雰囲気を和ませる指導医(私)もいます。各診療科の垣根が低いため、スムーズな連携が図れ、気軽に相談できます。研修医の人数が少ない分、密度の濃い指導が受けられ、研修修了時にはあらゆる分野でレベルの高い知識と技術が身につけられます。滋賀医科大学と密に連携しており、大学院や専門医トレーニングへキャリアアップできますので、安心して研修してください。