よい看護 やさしい看護 こころ癒す看護

東近江総合医療センター看護部門です。

  • 東近江総合医療センター看護部門です。
  • 当院は、地域に根ざした中核病院として急性期から在宅までの地域連携の推進の役割を担っています。
    また、当院は近江商人の発祥の地にあり、その精神である三方よしの「売り手よし、買い手よし、世間よし」が、当院の医療の現場に「患者よし、職員よし、地域よし」として受け継がれていると思っています。そのため、病院職員だけでなく地域とのつながりを強くしたチーム医療の充実に努めています。
    急性期から慢性期、終末期とあらゆる病期の患者さんとご家族の方へ、専門職業人として知識、技術を提供するとともに患者さんに寄り添うことができる感性を磨き、看護を実践できるよう日々努力しています。また、PNS看護方式を取り入れ、安全で質の高い看護の提供を目指しています。そして、退院後も在宅医療・介護を必要とされる患者さんが安心して療養できる体制を整えるために地域、住宅との連携を図り、退院支援を実施しています。
    職員には充実したシュミレーターを備えたスキルスラボ室でのスキルの向上が図れ、主体的な学習を支援する教育体制とキャリアラダー、キャリアアップに向けての研修等へ参加できる制度など学ぶ環境を整えています。

東近江総合医療センター 看護部門について